永久脱毛のリスク

煩わしいムダ毛の自己処理から解放され、いつでも安心して肌を出すことができるなど、メリットが多い永久脱毛ですが、全くリスクがないというわけにはいきません。
基本的には、事前にテストをして、トラブルが起こらないようにチェックするわけですが、それでも思ってもみなかったトラブルが発生してしまうことはありえます。
施術が始まる前にリスクを知り、避ける方法や、トラブルが起こってしまった場合の対処法を知っておくのは良いことです。

一つ目のリスクはやけどです。
毛根にダメージを与える際に、思いがけず高温のレーザーが当たってしまうことによって起こります。
理由としては、レーザーの出力の調整ミスで起こるというより、肌の乾燥や、色素沈着しているところ、埋没毛に、強く光が当たりすぎてしまうことがあります。

ほかには、脱毛後に起こるトラブルとして、施術後にきちんと日焼け予防をしていないことによる、シミの発生があります。
施術後は、肌が紫外線のダメージを受けやすくなっているので、必ず日焼けに注意するようにしましょう。

さらに、肌が敏感になっているために、毛穴に雑菌が入り込んだりしやすく、それが毛膿炎というニキビのような症状に現れてしまうことがあります。

また、人によっては、副作用として脱毛処理をしていく過程で体毛が増えたり、毛質が太くなってしまったりする場合があります。
通常は処理を続けていれば解消される問題ですが、処理期間によっては肌が一時出せなくなるなど、不都合が生じる場合があります。

このように、永久脱毛のリスクについてお伝えしましたが、基本的には、きちんとしたところで施術する場合には、永久脱毛のリスクは、自分でムダ毛処理をする場合よりも少ないと言われています。
また、これらのトラブルが起きた場合に、医療機関や医療機関と提携している脱毛サロンなら、すぐに対処して、適切な治療をしてもらえます。
ですから、どこで永久脱毛をするか選ぶ際には、万が一トラブルが起こったときのことも考えて選ぶようにすると良いでしょう。

このページの先頭へ戻る